*例えばの話。*

「みき」と「まき」のアラシゴトうだ語り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5×10 国立 コンレポ (3)

国立コンレポ3人対談のラスト、アンコール編です。

*アンコール
 PIKA☆☆NCHI DOUBLE~明日に向かって~できるだけ~One Love

まき:
じゃ、アンコールから行きましょう。
みんながツアーTシャツで登場した中、
松本さんがラメラメの誕生日ジャージで登場したのよね。
みき:
ミラーボールみたいなやつね
ここでMCのレポ書いてないのが悔やまれる…
まき:
あのジャージはさすがの二宮セレクションでしたわね。
あや:
「ただ、誰も洗い方知りません」って
まき:
「でももう松本君のものだから」って落とすのも二宮クオリティ。
みき:
あの眩しさはスパンコールですよね。鱗みたいにびっしりついてた。
あんなの普通に売ってるのかな?
あや:
売ってるらしいですよ!5万円くらいで
まき:
でも松本さんすっごい嬉しそうだったよ!「ほれほれ」って
みき:
二ノ以外に誰が買ったんだろう?
まき:
智くんにきらきらさせて、智くんが眩しそうにしてて可愛かった!
みき:
あ、あれ良かった~。智くんに何かちょっかいだしてるなと思って見てた。
まき:
松本さんがさっそくプレゼント着てくれてご機嫌だったから、見てるこっちが微笑ましかったの。
みき:
胸を突き出す感じでね、智くんをかまってた。いや、かまって欲しかったのか。
まき:
豪雨に負けずにご機嫌だったよね!
みき:
MC中は文句言ってたけど、ちゃんと着るよね。
まき:
すっごいスマイルだったもん。
あや:
すごい似合ってた
みき:
MCの詳細もお伝えしたい
まき:
ぜひぜひMC職人、お願いします!
みき:
あんま時間ないので…忘れたころに仕上がりそう…
まき:
アンコールはね、「できるだけ」を歌ってくれたのが私的に大事件!
みき:
そう!それ!まさか入ってるとは思わなかった
まき:
あのイントロとアウトロの智くんのフェイクの美声を聞けただけで有頂天でしたわ。
あや:
私は「明日に向かって」もびっくりしたー
みき:
それも意外な選曲でしたね
まき:
懐かしい曲祭りだったけど、「え、ここで?」ってくらいマイナーな曲をアンコールでまさか持ってくるとは!
みき:
どこらへんか覚えてないけど、メインステージの端っこで、ミラーボールなジャージ脱いでTシャツに生着替え。潤くんばっか見てたんだね。私。
まき:
ちゃんとジャージを整えて脱いでたんだよ松本さん。嵐愛。
みき:
脱ぎ着しにくかっただろうに…
まき:
そでのぴろぴろを整えててニノに「素麺?」とか突っ込まれてた。
みき:
「今、素麺と相談してっから」とか言われてたやつでしょ?
まき:
櫻井さんが「冷麺?」って。松本さんが「ちげーよ!」って。
みき:
必要以上のフリンジついてるよね。松本さんの肩
まき:
One Loveはこれでもかってくらい噴水ぐわーって。雨も降ってるから水かけ祭り。
あや:
正直水はもういいよと思っちゃった・・・(笑)
みき:
水は見飽きたね。
まき:
あれアリーナ席の水かかる位置の人、正直カンベンしてよ状態だったのでは?
みき:
ブロック席の前列の方は、雨&噴水を浴びてたね
One Loveのサビのあたりから、潤くんが智くんの肩を抱いたまま、離さなかったんだよ。
あや:
えー!どさくさに紛れて!
まき:
それ見てなかった!
みき:
メインステ戻ってもずっと
まき:
私はメインステに戻る櫻井さんを相葉さんがぎゅって助けてあげてたのに、きゃーってなってました。
みき:
それもよかった。翔さんが相葉さんの胸に飛び込んできたんだよね。
まき:
雨で滑ったのかな?助けてあげる感じでハグしてて。
みき:
そこらじゅうでいちゃいちゃしてた。
あや:
組み合わせが違うだけでみんな同じようなことしてる
みき:
私的には、翔さん、遅れてて、走って戻ってきて、思わず相葉ちゃんの胸に飛び込んでいった…ように見えました。
まき:
雅紀くんがお兄ちゃんに見えてときめきましたわ。
みき:
そんで再び「バイバイ」でしたね。
まき:
ここでいったん「俺たちの名前はなんだー!」「嵐ー!」をやったので、正直この雨じゃアンコールは一回かなって思ったら、ダブルアンコールがあったんだよね。
あや:
ちょうど雨がおさまってきて


*ダブルアンコール
 ファイトソング~五里霧中~A・RA・SHI

まき:
ファイトソングはもう誰も歌ってなくて水溜りでスライディング大会(笑)
あや:
一人ずつにのにマイク渡して
みき:
楽しそうだったね。何歳なんだお前らはって
まき:
それでスライディングの後、預かったマイクを届けに走る二宮さんがめっちゃ可愛かった。
みき:
翔さんだけ、中途半端な、思い切りよくないスライディングで。そんな小寒い感じが翔さんらしくてナイス。
まき:
二宮さんは滑らないんだよね、マネージャーかよ。
みき:
そういうところが二ノちゃん。
まき:
次の五里霧中はまさにこの日のためのような曲でしたね!バックステに走っていって。
みき:
雨降ることを想定した選曲?だったのかな?
あや:
でもあの雨の中「本日は晴天なり」って(笑)
まき:
松本さんだっけ?「本日は晴天なり!」「ハレテル!」って合いの手入れてたの。
みき:
それが可笑しくて良いね。
まき:
聖火台に昇っちゃってましたね。
みき:
昇りながらA・RA・SHI?昇った先にステージあったっけ?
まき:
ARASHIで降りてきたんじゃないかな?足元気をつけて!って思ったもん。
あや:
上でコーラスから入って、降りてきたような
まき:
それでみんなが「風邪ひかないでね!」とか口々に。
相葉さんの「あったかくしてね!」が沁みました。
みき:
翔さんがタンクトップの紐ひっぱって、右乳首こんにちは。
まき:
あははは、そんなことしてたんだ!
みき:
見なかったんですか?
あや:
知らなかった!なにがしたかったの!
みき:
てっきり「ZERO行ってきます」だと思ってたのに。
あや:
「いってらっしゃい」言いたかったですね
みき:
乳首に「こんにちは」言わされるとは。


*トリプルアンコール(30日のみ)
 seasons

まき:
まさかのトリプルアンコール!嬉しかったなー!
みき:
もう、櫻井さんはZEROに出させない勢いでした
あや:
満場一致でしたね
みき:
潤くんが、出てからずっとグダグダだった
あや:
感無量だったんですよ!
みき:
「バカヤロウ!オレは…」って何か言いかけて、自分のキャラ設定が恥ずかしくなって言えなかったの。
まき:
潤くんが「雨だからもう・・・」みたいなこと言ったら会場からブーイングで「バカヤロウ!俺はお前らのこと心配してんだよ!」って超スマイルで。
みき:
ここで、「何の曲やる?」って肩のフリンジいじってたら、二ノに「待ってね。今ソウメンと相談してっから」って言われたんじゃなかったっけ?
まき:
それで松本さんが「メンバーみんなが最後に歌いたかった曲です」って言ってseasons歌ったのかな?
みき:
「オレじゃなくて、メンバーがやりたかった曲」とか、ぼそっと呟いた
あや:
「こんなこといいたくないんだけど」みたいなこと言ったら
みきさんが「じゃあ言うなよ」と速攻突っ込んでましたね
みき:
言った!
まき:
あはは、名場面なのに!
みき:
ハッキリしない男じゃ!と思って
あや:
さすがみきさん
でもやっぱり最後の決めは潤くん
ささやくように「本当にいいの?」って
みき:
あ~、言ってた。私は寒くなかったから、心配されてたという事実がびっくりだった。
まき:
メンバー口々に「風邪ひかないでね」「大丈夫?」って言ってたじゃない。私は凍死寸前だったからじんわり沁みましたわ~
みき:
私はあと3時間立ってても平気でした
まき:
わたくしは限界を超えてました。ペンラ持った手が動かなくなっててさ・・・
みき:
滝修行、平気かもって思ってました。金あったら行こうっと。
まき:
いやー、あの日はまさに修行でした。嵐愛を試されているかのような。
あや:
にのもラジオで「完全に修行の域だったよね」と言ってました
まき:
やっぱり!にのちゃんめっちゃ寒そうにしてたもんね。髪の毛べったり張り付いちゃって。
みき:
でも、周りの人、終わるまで誰も帰らなかったよね。あんな上の方の席だったのに。
まき:
終わらせてなるもんか!オーラが会場中に満ちてた。
あや:
そうなの!みんな本気のファンなんだなと思った
みき:
私は正直、みんなが寒いと思ってるなんて気付かなかくて、帰らないのが当たり前だと思ってましたが、実はみんな辛かったんですね。
あや:
そうですよ~(笑)右隣二人は失神寸前でしたよ
まき:
相当に!つらかった!意識が何度か飛びかけて「はっ、ここで倒れたら続きが見られない!」ってその一心で立ってた。
みき:
左二人はテンション上がったまんまでしたけどそんなに世間とズレてるなんて…
まき:
あの豪雨の中で立ってる経験なんてザラにないですよ。腕から手先までしびれて動かなくなるしさ。
あや:
手、しわしわになったよね
まき:
あ、なったなった!びっくりしたもん。
みき:
確かに!風呂あがりみたいだった
まき:
松本さんがはけていくときに「愛してるよ」って言っててさすがだなって思った。
この状況をわかった上でのセリフだから余計に。
みき:
また雨が強くなっていって、「さっき雨雲に花火ブチ込んだせいだな」って思ってた。
まき:
中国の化学兵器じゃないんだから(笑)
みき:
科学的根拠のあることだから(笑)
あや:
そうなんですか?
みき:
花火のくずとかが、核になって、雨粒が大きくなって地上に降るとか
聞いたことがある。
あや:
へー。ほんとに嵐起こちゃったのか
みき:
脱線ですね。もう終りだというのに
ハケるときに、翔ちゃんと智くんが残って、左右に交差してハケてた。って文章では表現しにくいな。
あや:
あ~!かわいかった
まき:
目配せして「ふぅー!」ってはけようとしたけどイマイチそろわなかったんだよね。
みき:
かわいいなあ。二人とも。
まき:
最後のゆるーい空気が、なんとも嵐でした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。